信頼できる業者を選ぶことが重要

リサイクルトナーカートリッジ購入
画像出典 (トナプロ:リサイクルトナー専門販売

リサイクルトナーカートリッジは、企業などの事務用品費を大幅にカットすることができるものですが、ある程度の品質がなければビジネスでの使用に耐えられません。リサイクルトナーの品質を判断する基準には、世界的な基準であるSTMC、日本カートリッジリサイクル工業会の判定基準、品質管理システムの国際規格であるISO9001などがあり、選択する際の判断基準とすることもできます。また、同じような製品であっても、国内産、海外産によっても品質に差が生じることがあるため、値段だけでなく、信頼できる製品がどうかを見極めることも大切です。

純正品と異なり、リサイクル品であれば不具合が生じるリスクは常にあり、問題となるのは、トラブルが生じた際のメーカーの対応や保証内容です。最近では、純正品よりも充実した保証内容がある商品もあり、長期間にわたって品質を保証したり、トナーが原因でプリンタ本体が故障した場合に、プリンタの保証までしてくれたりするメーカーもあります。また、トラブルが発生した際の連絡体制が整っており、迅速に対応してくれるところもあります。購入時の価格が安いだけでなく、万が一の際の対応や保障内容を確認してから、購入することが大切です。

保証体制が整っている業者がおすすめ

リサイクルトナーカートリッジは再生品であるため、印字不良などの不具合が起きる可能性があります。使用する度にプリンタ内部がトナーで汚れたり、動作不良が頻繁に起こったりして、メンテナンス費用がかかってしまうと何のためにリサイクル品を使っているかわからなくなってしまいます。良心的なメーカーは、出荷時に異常がなくても使用することで消耗すると考えられる部品をあらかじめ交換してくれているため、不具合が起こりにくくなります。一方、純正品の10分の1程度の価格で販売しているようなメーカーでは、摩耗している部品をそのままにして出荷したり、海外の模造品をそのまま使用したりすることもあるので注意が必要となります。

リサイクルトナーについては、大手メーカーでも不具合の可能性について言及しており、無償で交換するなどの保障体制を整えています。リサイクルメーカーのなかにも、1年間以上の補償期間を設け、故障時の迅速で丁寧な対応をしてくれるところがあります。購入時に、リサイクルトナーの補償期間やトラブル対応のための連絡先が明記されていれば、万が一のアフター体制が整えられていると考えられるため、ある程度安心することができるでしょう。

トナーカートリッジで異なる印刷枚数

トナーカートリッジを純正からリサイクル製品に変えるだけで大幅なコストカットができます。市場には、リサイクルトナーを販売するショップが数多くありますが、なかにはトラブルが多いところがあるのも事実です。購入費用を抑えてリサイクルトナーにしたのに、純正トナーに比べて交換頻度が多すぎる、半分程度の枚数しか印刷できない、などのトラブルがその例です。たとえ回収された使用済みトナーが純正品であったとしても、その後の再生処理の工程に違いがあるため、どのリサイクルトナーでも品質が同一ということはありません。回収された後に、分解、洗浄、消耗部品の交換などが行われますが、工程の一部が省力されたり、交換すべき部品をそのままにして不具合が生じたりすることもあります。

リサイクルメーカーによって、同じ純正品を再生したリサイクルトナーカートリッジでも、印字寿命が大きく異なります。純正品の1.5倍も印字できるものから、半分以下しか印字できないものまで大きなばらつきがあるのです。トナーの内容量は、外から判断することができないため、業者によっては初めから基準以下の内容量しか充填しないことも考えられます。交換頻度が多くなれば、コストカットにはならないため、リサイクルトナーを購入する場合は、純正品とリサイクル品の印字枚数を比較して業者を選定するのもひとつの方法です。

トナーカートリッジを安く購入するには

企業の使命は利潤の追求であることは言うまでもありませんが、それと同時に徹底的に無駄をなくすコストの削減にも努めなければなりません。出張旅費や人件費、接待費や会議費、水道代や電気代に至るまで管理がなされ、事務用品費も大幅な削減を迫られているのが実情でしょう。そんななか、仕事に不可欠となるコピーや印刷、FAXに使用される複合プリンタはリース契約で安く抑えるのが当たり前ですが、それでもインク代やトナーカートリッジ代は、企業の規模が大きくなればなるほどに何万円もかかるのが普通です。仕事上どうしても必要となる機器であるため、節約にも限界があります。使用頻度をなかなか抑えることができないコピー機やプリンタは、常にインクやトナーを消費し続けています。

使用頻度を落とさずに経費を抑える、そんなときにおすすめとなるのがリサイクルトナーです。リサイクルトナーは、使用済みの純正のトナーカートリッジを回収し、工場で分解や洗浄、部品交換を行って蘇らせるものであるため、製品をつくるための材料を新たに使用することがなく、資源不足や環境汚染の問題にも一石を投じることができます。純正品と比べて価格が半額以下となることも多く、コピーやプリンタの使用頻度が高い職場では、大幅なコスト削減につながることでしょう。しかし、価格が安いだけで印字不良や機器不良などで仕事に支障が生じては何にもなりません。コスパがよく信頼できる商品を購入できるかが仕事の効率化とコストカットの両方を実現してくれるものとなります。