リサイクルトナーカートリッジは再生品であるため、印字不良などの不具合が起きる可能性があります。使用する度にプリンタ内部がトナーで汚れたり、動作不良が頻繁に起こったりして、メンテナンス費用がかかってしまうと何のためにリサイクル品を使っているかわからなくなってしまいます。良心的なメーカーは、出荷時に異常がなくても使用することで消耗すると考えられる部品をあらかじめ交換してくれているため、不具合が起こりにくくなります。一方、純正品の10分の1程度の価格で販売しているようなメーカーでは、摩耗している部品をそのままにして出荷したり、海外の模造品をそのまま使用したりすることもあるので注意が必要となります。

リサイクルトナーについては、大手メーカーでも不具合の可能性について言及しており、無償で交換するなどの保障体制を整えています。リサイクルメーカーのなかにも、1年間以上の補償期間を設け、故障時の迅速で丁寧な対応をしてくれるところがあります。購入時に、リサイクルトナーの補償期間やトラブル対応のための連絡先が明記されていれば、万が一のアフター体制が整えられていると考えられるため、ある程度安心することができるでしょう。